がん患者の復職率や有症状に関連する文献レビュー

産業医学レビュー(2022 年 35 巻 1 号 p. 1-12)にて掲載されています。復職率については、我が国の研究では53.8〜95.2%とばらつきがあったこと。抑うつは就労により改善する可能性があるがエビデンスは拮抗していること、がん関連疲労は、化学放射線療法・女性・不眠などがリスク因子になる可能性があること、などが言及されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

産業医科大学 産業生態科学研究所 災害産業保健センター 教授
産業医科大学病院 就学・就労支援センター 副センター長
産業医科大学病院 両立支援科 前診療科長(初代)

コメント

コメントする

目次
閉じる